パソコン

最近、WEBマーケティングのシーンにおいて、トリプルメディアという言葉を目にする機会が増えてきました。トリプルメディアとは、企業と消費者との接点になりえる可能性を持ったメディア3種類のフレームワークのことを指しています。日本でトリプルメディアに注目が集まるようになったのは、2010年頃のことですが、最近ではトリプルメディアのそれぞれのフレームワークの特性を踏まえて、メディア戦略による集客を指向することが、SEO対策においてとりわけ重視されるようになって来ました。

従来はメディアという言葉には、報道機関のほかに、マーケティング専門に取り扱う職業上の専門家を含意している傾向が顕著でした。インターネットが普及した後もしばらくは、有償で企業側が主体的に、消費者に働きかけるという基本的スタイルに大きな変更が加えられることが無かったと評価しても間違いないでしょう。新聞の折り込み広告や雑誌媒体などの紙ベースのメディアはもちろん、インターネット空間においても有償で作り出されるコンテンツが独占的地位を占めている時代が続いていました。たとえインターネット空間におけるコンテンツの魅力に脚光が当てられることになっても、消費者とメディアとの間には画然たるパワーバランスの違いが際立って存在していたのです。

こういったメディアにおけるパワーバランスに変革をもたらしたのは、必ずしもメディアの専門家ではない企業や個人によるWEBサイトが急増したことや、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアネットワークサーボス(SNS)の登場にありました。企業の集客戦略や、新商品やサービスなどの情報発信を専門家の手を介さずに、実践することが可能になったわけです。
そこでWEBデザインや、検索エンジンにおいて上位表示結果によって、数多くのユーザーの目にさらされることになり、集客が多くなり新規顧客の開拓に繋がる可能性があります。その結果、検索エンジンから高く評価されるための、コンテンツの充実やWEBデザインなどのノウハウを実践することの、SEO対策の重要性が叫ばれるようになった訳です。

これまではメディアの広告戦略の対象でしかなかった消費者が、情報発信の主体になりえるパラダイムシフトを可能にしたのは、ソーシャルメディアネットワークサービスの登場と爆発的な普及にあります。これから先は、トリプルメディアは相互に補完するメディアとして、集客に繋がるSEO対策を検討する上では当然の前提になるといえます。

記事一覧

SNSを中心にユーザーが急造しているアーンドメディアについては、SEO対策においては、それほどの効果...

パソコン

トリプルメディアの一角を担うアーンドメディアは、最近になって急速に存在感を増してきました。従来のマー...

パソコンを使用する人

ドメインとはインターネット空間における住所に相当するもので、自社サイトなどのオウンドメディアを運営す...

パソコンで仕事する男性

インターネットが普及する以前の時代では、宣伝行為はマーケティングリサーチや商業メディアなどのプロフェ...

検索エンジンの検索窓とスーツ姿の男性

トリプルメディアとは、デジタルマーケティングに対応した広告戦略のことで、消費者が接触するメディアを3...