• ホーム
  • オウンドメディアとは何か?自社サイトでSEO設計

オウンドメディアとは何か?自社サイトでSEO設計

パソコンで仕事する男性

インターネットが普及する以前の時代では、宣伝行為はマーケティングリサーチや商業メディアなどのプロフェッショナルに依頼するスタイルが一般的でした。この従来の広告感を現在に伝えるのが、オウンドメディアになります。オウンドメディアとは、”所有する媒体”という意味をもっており、インターネット空間が普及した現在では、自社が運営するWEBサイトを舞台に広告活動を展開しているのがメインになっています。
しかし必ずしもサイトやブログなどのインターネット空間に拘泥する必要はなく、自社で発行するパンフレットや広報誌なども選択肢の一つに戦略を構築することも可能です。

自社サイトを運営しながら、自社の商品や新商品などの情報や新規サービスなどを、無料で発信することが出来るので、必要なスタッフに支払う人件費を確保すれば、広く情報発信することも可能になります。
しかしながら漫然と自社サイト運営に携わっているだけでは、多数のユーザーのトラフィックを期待するのは難しいのが現状です。

現在では必要な商品やサービスなどの情報をインターネット空間で獲得するのが一般的なスタイルなので、ユーザーも検索エンジンでの結果表示を参考にして、検索先を探していると考えることが出来ます。ユーザーを呼び込むためには、Googleなどの大手検索エンジンで検索結果の上位表示を狙う必要があります。
このような検索上位を狙うための、諸対策のことをSEO対策と呼びます。検索結果は検索エンジンからの、自社サイトに対する評価にほかなりません。検索エンジンは、ユーザーにとっていかに有益な情報を提供してるのかが判断基準になっているので、コンテンツの充実に努めることがSEO対策の基本になります。自社サイトといえども、メディアの一つと考えればコンテンツの内容の品質が重要なのは言うまでもありません。しかしそれだけでなくコンテンツ制作にあたっては、SEO対策の一面もあるのです。

例えばサイトに訪問したユーザーが解決策を模索している事例についての、解決策を紹介したり、有益な周辺情報を紹介するような内容であることが必要になります。SEO対策を成功させるには、本業の傍らで兼任するスタッフではなく、専門的に制作に従事する体制が構築できれば理想的です。
オウンドメディアはブランディングや集客や問い合わせにつなげることを動機に運営しているので、商品紹介などに偏りがちです。しかし取り扱っているサービスなどに関連する問題の解決事例などを盛り込んだコンテンツで、SEO対策にも余念の無いことが必須になるのです。

関連記事