• ホーム
  • オウンドメディアに中古ドメインを利用するメリット

オウンドメディアに中古ドメインを利用するメリット

パソコンを使用する人

ドメインとはインターネット空間における住所に相当するもので、自社サイトなどのオウンドメディアを運営するには必要不可欠な要素です。
ドメインは原則として自由に決定することができるので、新規ドメインを購入するのが一般的です。

ところで自社サイトを運営することの目的には、自社の新商品やサービスの存在を遡及して集客や新規顧客獲得などのコンバージョンの追求があります。
ユーザーのほとんどが、直面している問題解決のために必要な情報やサービスの概要をインターネット空間をプラットフォームに検索している事実を前提にすると、いかに検索しているユーザーの目に留まるかが重要になります。

直接的には、大手検索エンジンGoogleなどの検索結果で上位表示されることが必須の条件になります。
検索上位を追及するための取り組み全般を検索エンジン最適化と呼び、一般的にはSEO対策と呼ばれています。
このSEO対策の上では、中古ドメインを利用することが有効とされています。
中古ドメインとは、従前はどこかで誰かが一時期サイト運営に携わっていた履歴をもっているものの、契約が切れたりして所有者のいなくなったドメインのことです。
導入方法としては、中古ドメインの販売屋のサイトを通して購入するか、自分で検索して購入する方法があります。

自社サイトを舞台にオウンドメディアを展開する上で、第三者の運営実績をもっている中古ドメインを購入して利用するのは、若干の違和感を覚える方もいらっしゃるでしょう。
しかしながら中古ドメインはコンテンツを作り出し公開していた経歴を持っています。
検索エンジンのクローラーは、かつて感知した経歴をもつドメインから公開されたコンテンツを容易にインデックスする傾向があります。
インデックスされれば、コンテンツが充実していればユーザーにとっての有益性が高いと判断されて、検索結果上位も早期からみこめます。
つまりドメインとしての検索結果を上位にさせる実力、ドメインパワーが高いので、余計なコストをかけることなく検索結果の最適化を実践することが叶います。

中古ドメインにはドメインパワーが備わっているので、コンテンツのクオリティを上げることを意識して、制作することでSEO対策に繋がります。
これに引き換え、新規ドメインではサイト運営当初は、いくらコンテンツの制作や更新に努めても、検索結果が下位に沈むという現象が頻発します。
これはエイジングフィルターと呼ばれるものです。
そのため新規ドメインではコストをかけて検索結果の最適化をはかる必要に迫られることもあります。
中古ドメインにはこのような制限がないので、効果的なSEO対策が可能です。

関連記事