• ホーム
  • トリプルメディアとは?特徴とメリット・デメリット

トリプルメディアとは?特徴とメリット・デメリット

検索エンジンの検索窓とスーツ姿の男性

トリプルメディアとは、デジタルマーケティングに対応した広告戦略のことで、消費者が接触するメディアを3種類に分類したものです。トリプルメディアを構成するのは、オウンドメディアとアーンドメディア、そしてペイドメディアの3つのフレームワークになります。それぞれの意義を確認しておくと、ペイドメディアは有償でインターネット上に広告を出す宣伝手法のことです。

アーンドメディアとは、TwitterやFacebook、Instagramなどのソーシャルメディアネットワークサービス(SNS)などをプラットフォームに消費者が情報発信しながら、評価を発信するメディアになります。そしてオウンドメディアとは、企業や団体などが自社のWEBサイトなどを通じて、集客のためにコンテンツを提供する方法になるのです。

トリプルメディアにはそれぞれ特徴があるので、当然メリットとデメリットがあります。今後のインターネット空間におけるマーケティング戦略では、それらの特性を踏まえて戦略を検討することが求められます。
オウンドメディアは企業が自ら運営し、自社情報や商品情報などを発信するというものです。インターネット空間に限定されるわけでなく、企業パンフレットや広報誌などもオウンドメディアに含まれます。メリットとしては長期的なブランディングが可能で、制限無く自社情報を発信することが出来る点を挙げることが出来ます。反面、自社スタッフが本業の傍らでサイト運営に当たるので、WEBデザインや検索順位上位を狙うSEO対策に必要なスキルなどは、専門家に依頼するほどのクオリティを期待できないのがデメリットです。

アーンドメディアは、Twittreに代表されるソーシャルメディアを舞台に、閲覧者同士が自由に情報のやり取りをすることが出来るメディアになります。新商品の評価を口コミなどの形で瞬時に拡散することを期待出来るので、新規の顧客候補層を獲得できるのがメリットです。ところがSNSでは誰でも投稿することが出来るので、いわゆる炎上騒ぎになることがあり、下手をすると企業イメージの毀損などのリスクが存在するのがデメリットです。

ペイドメディアは有料の媒体と言う意味で、検索エンジン上のリスティング広告をはじめ、有償で専門企業に製作を依頼するものはすべて含まれます。専門家に依頼するので、WEBデザインの質や必要なスキルに不安を覚える必要はありませんが、広告を出している期間中はコストが必要でマーケティング効果も短期間になりがちになるのがデメリットです。

関連記事