• ホーム
  • トリプルメディアに代わる新提案「PESOモデル」

トリプルメディアに代わる新提案「PESOモデル」

2010年ごろに日本国内に紹介されて以降、トリプルメディアを中心にマーケティング戦略が立てられてきました。オウンドメディアを起点に、ペイドメディアやアーンドメディアを組み合わせてプランニングするという方法論が、主流を占めてきたわけです。

ところが突如現れた第四のメディアである、シェアードメディアの登場によって、マーケティング戦略は大きく様変わりしようとしています。脅威のスピードで普及が進み、モバイルを中心に多機能化などの深化がすすむ、シェアードメディアの参入はビジネスマーケティングに変容を迫りつつあるのです。

従来のトリプルメディアでは、オウンドメディアとペイドメディアにアーンドメディアを加えた3分類が前提になっていました。従来のトリプルメディアにシェアードメディアを加えた4分類が、トリプルメディアにとって変わろうとしているPESOになります。シェアードメディアは本来は、アーンドメディアの一部を形成するもと考えられてきましたが、日本では3つのセグメントの連携や組み合わせからWEBマーケティングの戦略をプランニングするのが一般的な考え方です。
ところが昨今のシェアードメディアの発展と流入には目覚しいものがあり、マーケティング戦略上も無視できない影響力を持つに至っているため、シェアードメディアを独立したフレームワークにした4分類のPESOが主流になりつつあるのです。

ところでシャエアードメディアとは、ソーシャルメディア上で共有するメディア全般を指しています。従来のアーンドメディアの場面では、もっぱら個人やユーザーからの評価の対象の地位に甘んじていましたが、自社でアカウントを取得して情報発信する側に立つことも可能になります。自社サイトなどのオウンドメディアでは、一方向の情報発信にならざるを得ませんが、ソーシャルメディア上では双方向でコミュニケーションを図ることが出来るのが特徴です。自社スタッフが専属で従事する必要がなくなるので、手軽に情報発信や拡散をすることが可能になります。
レスポンスの時間も短くなり、リアルタイムにコミュニケーションをとることが適うので、ユーザーやファン以外の方のナマの声に接することが出来るのがメリットです。ソーシャルメディア上の広告はペイドメディアとして活用することが可能です。
そしてシェアードメディアは例えばInstagrmが画像中心なのに対して、Twitterは何気ないつぶやきなどが中心といったように、それぞれに得意分野がことなります。PESOでマーケティング戦略を練るときには、ソーシャルメディアの特性に着目するのも有効です。

関連記事