• ホーム
  • 今後の有効なトリプルメディア戦略

今後の有効なトリプルメディア戦略

WEBマーケティングの戦略を構想する上で、トリプルメディアは依然として有効なフレームワークであることに変わりはありません。見込み客へのアプローチを明確に体系だてて明確にし、基本的なフレームワークを組み立てたのが、トリプルメディアです。
トリプルの名前から窺えるように、オウンドメディア・ペイドメディアにアーンドメディアから構成されています。それぞれのメディア同士は独立したスタンスを保ちながらも、相互に補完するよう関係を構築することが重要になります。
具体的にはペイドメディアで世に広く商品やサービス情報を告知し、ペイドメディアで商品の開発背景や開発にいたる企業のイメージなどの理解を深めて、アーンドメディアでユーザーサイドに広く拡散することで最終的には集客につなげるように戦略を構築することになります。

今後もトリプルメディア戦略をブラッシュアップし陳腐化しないようにするには、ユーザーとのコミュニケーションをいかに深化していくのかの問題と、オウンドメディアの戦略的再編成が解決するべき課題と考えられます。
WEBマーケティングにおける、ユーザーとのコミュニケーションをとることの重要性は増すばかりです。最終的には集客や新規顧客の発掘などのコンバージョンを目指すにしても、ユーザーの心に訴えることが無ければ、ヒット商品など世に送り出すのはなかなか困難です。

そこで大事になるのはユーザーとの距離感を狭めることにあります。
オウンドメディアで自社のブランドイメージも含めた全体の文脈の中で、商品やサービスの魅力を発信できるように条件を付けることがポイントと言えます。より能動的にユーザーにアプローチするには、アーンドメディアを活用したり、ときにはペイドメディアも動員することなど、情況に応じて使い分ける柔軟さが求められます。

ところでトリプルメディアを効果的に実践するときに、担当部署が分散している場合があります。具体的にはペイドメディアはマーケティング部、オウンドメディアはコンテンツチーム、アーンドメディアは広報などが担当しているといった具合です。このように部署が縦割りになっていると、他のメディアについてまで責任を負うといったインセンティブが生まれるのは困難です。せっかくトリプルメディアのフレームワークを採用しても相乗効果を実感するのは期待できないといえます。解決のためには、すべてのメディアの運用を一つの部署に統一するといった方策が考えられるところです。

関連記事