• ホーム
  • 3つのメディアの組み合わせ方

3つのメディアの組み合わせ方

トリプルメディアとは、デジタルメディアの戦略を検討する上で重視されている、フレームワークのことです。具体的には、ペイドメディア・オウンドメディア・アーンドメディアの、代表的な3種類のメディアを目的に合わせて組み合わせてマーケティング戦略を立案することが有益です。

ペイドメディアは、広告料金を支払って各メディアに広告を出稿して、露出を促すメディアです。WEB広告のほか、従来から用いられているテレビや雑誌などのマスコミの媒体に登場するものも含みます。ペイドメディアの特徴は安定的な露出であって、広く認知されたいときに効果的です。

オウンドメディアは自社サイトのほかに、メールマガジン・ECサイトなども含みます。自社の商品やサービス、ブランドのコンセプトなどへの理解を促すことが目的です。

アーンドメディアは消費者や個人が主体になって、口コミや情報発信などを行います。これをマーケティングの視点で見れば、情報を拡散してもらうことを目的に活用するのが主眼といえます。

トリプルメディアの各方法はそれぞれが排除しあう関係ではなく、それぞれの特性を踏まえて組み合わせのプランニングを行うことが必須です。つまり各方法論だけにこだわる姿勢ではなく、連携して多方向でマーケティング戦略の構築を行うことが効果的です。

例えば新機軸の商品開発に成功したものの、知名度が全く無い段階ではペイドメディアを活用して、多くの人の目に露出することを目指します。同時にオウンドメディアで、新商品やサービスなどの開発秘話や経緯などの情報も交えつつ、情報の発信に積極的に努めます。そしてそれらの情報をアーンドメディアで新規顧客候補層も含めて広く拡散することを狙うわけです。

つまりペイドメディアで拠点を構築し、ユーザーなどとの接点を作りオウンドメディアやアーンドメディアを活用してさらに拡散と理解の深化を狙います。逆にペイドメディアだけを活用してユーザーに認知させることに成功しても、短期間の間に印象も薄れてしまうことが想定されます。反対にコストを節約したいがために、オウンドメディアやアーンドメディアに拘泥すると、SEO対策などによっては注目を集めることなく、思ったようなコンバージョンにつなげるのも困難な場合も珍しくないのです。トリプルメディアでマーケティング戦略を構築するには、常に連携を意識しプランニングを行うことがポイントになるのです。

関連記事